ほくでんネットワーク

札幌支店電力部
変電運営グループ

松村 匠

高校卒業[情報系]
2016年入社
  • 志望動機

    幼い頃、悪天候による停電を経験した際に、部屋の電気が点かず不安だった記憶があります。その経験から、電気が当たり前に使える日常を守りたいと思うようになりました。そこで社員一丸となって、生活に必要不可欠な電力を安定供給し、北海道の電気を守り支えている弊社に魅力を感じ、また、生まれ育った北海道に貢献したいと考え、入社を希望しました。

  • 所属部門と仕事内容

    私が所属する変電部門の主な業務は、変電所等に設置されている変電設備の保守業務と工事業務です。現在、私が担当している保守業務では、定期的に設備の巡視や点検を実施し、設備に異常が無いことを確認しています。異常の兆候を発見した際には、設備の修繕を計画・実施します。また、悪天候等で設備に故障や不具合等が発生した際には現場へ出向し、原因の調査や復旧に向けて作業にあたります。一方、工事業務では、電力需要の増加に伴い機器を新しく設置したり、古くなった設備を新しい設備に取替える必要があり、そのためにどのような工事を行うのかを検討し、新しい変電機器を購入・設置する工事の管理などを行っています。

  • 仕事のやりがいや面白さ、今後の目標

    入社から6年目となり、これまでに様々な保守業務や工事業務を経験してきました。初めて経験した工事業務では、老朽化した変電設備の更新工事を行いました。初めての工事業務ということもあり、変電機器を購入する際の仕様検討や工事費用の算定業務に苦労しましたが、上司や先輩方からの指導やサポートを受けて、無事工事を竣工させることができました。設置した機器に初めて電圧が印加されるときは緊張しましたが、自分が設計・更新した機器が今後何十年も電力の安定供給に貢献していくと考えると、大きな達成感とやりがいを感じることができました。今後の目標は、積極的に工事業務に携わっていき、保守しやすい変電所を構築することです。

  • 思い出に残っているエピソード

    入社4年目に担当した水冷式変圧器の点検が一番思い出に残っています。水冷却方式を採用した変圧器は、一般的なラジエターによる冷却方式に比べ、全道でも設置台数が少なく、点検を経験する機会が少ない機器のため、点検実施に向けて日々調査や検討の毎日でした。とても苦労しましたが、上司や先輩方のサポートもあり、無事に点検を行うことができました。また、9日間という長期間を要する点検作業のため、毎日の工程管理や品質管理を行い、安全に点検を竣工させることができた時の達成感は今でも忘れられません。この仕事を通して、貴重な経験や大きな自信を得ることができ、現在の業務にも役立っていると感じています。

オフタイム・休日の過ごし方

終業後は、家でゆっくりと過ごしたり、同僚と食事に出かけることが多いです。休日は、キャンプに行ったり、会社のサッカー大会に参加したり、冬はスノーボードに行ったりとアクティブに過ごしています。オンとオフの切替をしっかりすることで仕事もプライベートもとても充実しています。コロナ禍の今は、家で過ごすことが多く、映画鑑賞やゲームを楽しんでいます。家にいることが多いため体を動かしたいと思う毎日です。

※掲載している内容は取材時点のものであり、所属・組織名が現在の名称と異なる場合があります。

先輩社員