ほくでんネットワーク

室蘭支店配電部
配電グループ

久住 優弥

高校卒業[電気系]
2020年入社
  • 志望動機

    私は高校に入学した頃、何も考えずに使用している電気がどのように送られているのか興味を持ち、調べていくうちに、電気は発電からお客さまに届くまで多くの部門の協力により供給されていることを知り、自分も北海道で電気の供給に関わりたいと思いました。各部門が協力していかなければ電気の安定供給が崩れてしまうため、皆が使命感と責任感を持って仕事に取り組んでおり、大きなやりがいを感じられると思い、志望しました。

  • 所属部門と仕事内容

    私は室蘭支店配電部配電グループに所属し、お客さま電気設備に関連した業務を担当しています。住宅の新築工事などの際に、必要な設備(電線・計測器)の施設方法の確認や正しい屋内配線工事が施されているかの調査を担当しています。設備に異常箇所があった場合は速やかに改修工事の手配を行って、電気を安全に使用していただけるよう努めているとともに、グループ会社への調査業務の委託管理も行っています。また、お客さま設備の点検などで停電が必要な時には、現地に出向いて電柱に施設している開閉器の操作を行います。お客さまの電気設備を管理している電気主任技術者様と綿密な打ち合わせを行い、トラブルや災害などが起きないように、細心の注意を払い対応しています。さらに、お客さまからのお申し出対応や配電線事故の復旧作業も行っており、お客さまから頂く「電気が点かない」などのご連絡に対して現地で停電原因を調査し、弊社配電設備が原因だった場合には早急に復旧作業を行っています。

  • 仕事のやりがいや面白さ、今後の目標

    お客さまからのお申し出対応では、「電線への樹木接触」や「電柱上に作られたカラスの営巣」などがあり、現地確認のうえ、直営作業で改修する場合には、樹木の伐採やカラスの営巣撤去を行います。作業を終え、お客さまに報告すると感謝の言葉を頂くことがあり、その時には大きなやりがいを感じます。担当しているお客さま設備の調査業務では、日によって件数は異なりますが毎日調査があり、お客さまに電気を安全にお届けできるように対応しているため、一つひとつ書類を処理していくたびに達成感を感じるとともに、多くの書類を処理する中で屋内の電気設備に関する技術基準も詳しく知ることができ、面白さを感じています。
    今後の目標は、配電設備についてより知識を深め、効率的に仕事ができるようになることです。

  • 思い出に残っているエピソード

    最も思い出に残っている業務は低気圧による暴風雨の際に、1日中事故巡視やお客さまからのお申し出などを対応したことです。私にとって初めての暴風雨対応だったので、お客さまからのお申し出や配電線の事故が複数件あり、焦りがありましたが、先輩社員の補助として、一つひとつ対応していきました。先輩の行動や対応を見て学ぶことが多くあり、自分もできるよう努力していきたいと強く感じたことが思い出に残っています。
    また、初めてお客さま宅の停電対応を一人で行ったことも印象に残っています。時間は掛かりましたが、現地で調査し、ブレーカーの故障が原因だと特定しました。その後の復旧作業は、上司と連絡を取り、的確な指示をいただきながら無事復旧することができました。

オフタイム・休日の過ごし方

アフター5は、趣味である映画・アニメ鑑賞や、同期社員とオンラインゲームをして楽しんでいます。また、休日にはドライブで市内観光に行ったり、バスケットボールやスノーボードをして体を動かしています。アフター5や休日はオンとオフを区別し、有意義に時間を過ごしています。

※掲載している内容は取材時点のものであり、所属・組織名が現在の名称と異なる場合があります。

先輩社員