未来を拓く

あらゆる変化を解決し、
北海道と「共創」。

市場競争の激化、地球環境や自然災害の問題、進む技術革新、変わりゆく社会構造など。エネルギー業界を取り巻く中で、昨今さまざまな変化が起こっています。

激変する時代において、常に一歩先を捉えた事業を展開していくことはもちろんのこと、魅力あふれる北海道の発展に多角的に関わっていくことで、この地ならではの豊かな未来の「共創」を目指しています。

安定供給と再エネ大量導入を両立する次世代ネットワークの構築

北海道の電力系統

  • 北本連携設備の増強
  • 低炭素の電気を道外へ供給
  1. 小売・発電部門の取り組み
  2. ほくでんネットワークの取り組み
火力
火力
原子力
原子力
水力
水力
太陽光
太陽光
風力(陸上・洋上)
風力(陸上・洋上)

電源の低炭素化・再エネ発電の拡大

VPP・マイクログリッド
VPP・マイクログリッド

発電所の運用高度化

低廉な電気料金

低廉な電気料金

  • 他電源から電気への転換、産業・運輸などの電化拡大
  • ガスと電気のセット販売
  • EPS事業の推進
災害への備え
災害への備え
停電時の迅速な復旧作業
停電時の迅速な復旧作業
他電力・自治体等との連携

災害等のリスクに備えた流通設備の形成、
障害からの速やかな復旧

情報発信の高度化
情報発信の高度化

IoTなどを活用した新サービス

  • お客さまへの情報発信

魅力あふれる北海道の創造

林業・畜産業から生じるバイオマスを活用した発電事業
産業電化の推進

一次産業の発展

北海道内7空港一体運営への参画
北海道の魅力の情報発信

観光の振興

電力・ガス供給のエネルギーサービス
道内への企業誘致

ものづくりの拡大

電気自動車を活用した地域インフラの維持等に貢献え
「スマート電化」による省エネで快適な暮らしの提案

人口減少・高齢化への対応