部門紹介

情報通信技術部

情報通信技術部では、電力の安定供給、お客さまサービスの向上およびグループ全体の業務効率化を図るための「通信ネットワーク」と「情報システム」に関する業務を担っています。

通信ネットワークについては、電気事業の遂行に必要不可欠な高信頼度のサービスを提供するため、通信設備の工事計画・建設・保守・運用・管理を行っています。
具体的には、送電線の保護や変電所の無人運転用の電力保安用通信サービスから、業務用電話や業務用LANなどの一般業務用通信サービスのサポートまで行っており、北海道電力ネットワークの事業を安定かつ確実に運営していくための「屋台骨」としての役割を果たしています。
この通信サービスを提供するために必要なマイクロ波無線装置や光ファイバケーブルなどの通信設備は自社で保有しており、経営インフラの一つとして重要な役割を担っています。また、近年はIoT技術を活用した業務の効率・高度化にも取り組んでいます。

情報システムについては、社内業務の高度化・効率化を目指して、業務主管部署と互いに協力しながら、情報システムの計画・開発・保守、情報インフラの整備・運用を行っています。
電力業界を取り巻く環境が目まぐるしく変化していく中で、情報システムが果たす役割は年々高まっており、安定稼動、セキュリティの確保はもちろんのこと、競争環境の進展やお客さまのニーズの変化に迅速かつ柔軟に対応することにより、業務効率化と競争力強化の両面から事業運営に貢献しています。

  • 光搬送通信装置の回線設定作業状況

この部署で働く社員

  • 名寄ネットワークセンター
    通信課

部門紹介