HOKUDEN Rookies

若手社員たちが語る。

就職活動のこと、仕事のこと、会社のこと

就職活動で体験し、感じた思い。今の仕事の面白さと日々の生活。そして社風や職場環境など。
若手社員たちが、それぞれの“今”を語り合いました。

入社動機と就職活動で印象に残っていることを教えてください。

山田
山田:私は生まれも育ちも北海道で、地元愛がとても強く、北海道に貢献できる仕事がしたかったということが一番の動機です。また、電気系の専攻であったこともあり、弊社を選びました。会社説明会や面接などで社員の方々とお会いするたびに、とても親身に私の話を聞いてくださることが印象深くて。それは今も上司や先輩方に感じていることですが、社員の方々の人柄の良さにも惹かれました。
森
森:私も同じですね。北海道が好きで、貢献できる業種だったということが大きな理由です。就職活動をしていく中で、福利厚生面などにも魅力を感じて入社を決めました。説明会や懇談会では、自分が知りたいことを社員の方々に色々と質問できたので、仕事内容や職場環境についてしっかりとイメージを持つことができました。第一志望の送電部門に配属となり、自分が求めていた仕事にやりがいを感じています。
村松
村松:私は高校まで岩手県盛岡市に住んでいて、東日本大震災を経験しました。その時に、日常生活におけるインフラの大切さを知ったことが大きなきっかけとなり、人の役に立てる仕事がしたいと思うようになりました。
山田
山田:どうして地元ではなく北海道に就職したんですか?
村松
村松:大学生活を札幌で過ごすうちに、北海道の豊かな自然や食などに魅力を感じ、こちらに住みたい、北海道のために働きたいという気持ちが強くなったからです。
山田
山田:同じ北海道愛ですね。
加藤
加藤:私は、技術系のエンジニアになりたいという思いと、自社製品である電気は社会を支えており、誇りを持てる仕事だと感じたことから志望しました。会社説明会で「夜景を見ると、お客さまへお届けしている電気が街の隅々に行き渡っている、仕事を頑張ってきて良かった、という満足感に満たされる」と聞き、暮らしを陰で支えるインフラの仕事の使命が伝わりました。入社後は発電所勤務となり、設備に不具合を発生させない数多くの業務のうえに安全運転があることを目の当たりにし、実体験としてそのことをより深く理解しました。

今の仕事内容とやりがいや面白さを感じているところは?

森
森:札幌管内数箇所の保守現場の取りまとめや予算調整、工事計画の作成を担当しています。本店と保守現場を繋ぎ、各種依頼の対応や報告の共有などを行う中で、前職での2年半の現場経験が力になっていると感じています。より現場が動きやすくなるようにと考えながら、仕事を進めています。自分で課題を見つけ、課題解決に向けて取り組んでいくことは学生時代の学びと重なるところもあります。現在の部門で成長し、変化する会社の中でより良い仕事の進め方など改善策を提案していきたいです。
加藤
加藤:脱炭素化に向け、既設石炭火力発電所の低炭素化技術や再生可能エネルギー電源の新規導入に関わる検討などを様々な観点から行う部署に所属しています。この部署は昨年8月に新設されたのですが、その際にメンバーを募集する社内公募が行われたことから、機械工学を専攻してきたことを活かしてチャレンジしたいと思い、希望してメンバーに選ばれました。
村松
村松:メンバーは何人いるんだっけ?
加藤
加藤:6人ですね。何人応募したのかはわからないけど(笑)。
森 山田 村松
一同:すごい!
加藤
加藤:入社前は保守的で安定志向の会社というイメージがありましたが、現在の部署では次の社会情勢への対応に向けて着々と進化を遂げているということを実感します。エネルギー産業の変革の中にある数々の可能性に、興味や面白さを感じています。
村松
村松:私が所属する配電部門は、停電が発生した際や配電設備による公衆災害発生の恐れがある場合に、いち早く現場に向かう最前線とも言える仕事を担っており、その一員として大きなやりがいを感じています。現在は、計測器(電力メーター)の工事設計・管理業務、お客さまのお申し出への対応などを担当しています。計測器の工事は小規模ではありますが、私の担当している管内だけでも年間22万件と非常に数が多いです。大学時代に培った情報処理技術が役に立つ場面も多く、工事の中でパターン化できるものを自動設計するプログラミングを作成したりと、業務の効率化を図っています。工事の現場に行ったり、お客さまと向き合ったり、プログラミングやCADで設計をしたりと幅広く業務に携われるところがとても面白いです。
山田
山田:私は、倶知安水力センターで保守・点検・工事など設備管理に関わった後、今は本社で、目まぐるしく変わってきている業界の法制度を踏まえて、関係する官公庁と水力発電所の再開発における手続き対応を行う仕事や水力部門の教育計画の検討、各種研修の運営調整、DX(デジタルトランスフォーメーション)による現場保守業務の効率化へ向けた取り組みなどの仕事に携わっています。水力発電の設備について学ぶことが面白く、もっと知識や技術を極めたいですし、今度もさらに現場経験を積みたいと思っています。

社風についてどんなことを感じていますか?

山田
山田:入社前はお堅い雰囲気かなと思っていましたが、実際には違っていました。年齢層も幅広く、若い方も多いですね。
森
森:そうそう。現場は若い人が多い。あと、ベテランの方々もコミュニケーションを積極的に取ってくれるので、全社的に話しやすい雰囲気がありますね。
村松
村松:かつ、温かな雰囲気を感じられる職場です。とはいえ、停電などの緊急時には瞬時に雰囲気が切り替わりますね。
加藤
加藤:そうですね。発電所勤務時に、友人のように接していただき、仕事を教えてくれていた先輩が、緊急時に張り詰めた空気の中で迅速に動き、的確な指示を出していて。その姿を見て、カッコいいなと尊敬しました。自分もそうなりたいと感じますね。
山田
山田:発電所などの現場では、女性社員もほくでんブルーのユニフォームを着て颯爽と働いていて、私も「カッコいい!」と(笑)。憧れましたし、こうなりたいなと思いました。
森
森:新入社員には職場の先輩がマンツーマンで教えてくれるので、安心して仕事に向き合えますよね。新入社員研修では、最も基本となる安全について丁寧に時間をかけて教えていただいたことが印象に残っています。若年層は年に数回研修があり、その後階層別、部門別の研修や経験していく仕事に合わせて通信教育を受講できたりと、社員それぞれに適した教育を受けてスキルアップしていける体制が整っています。
加藤
加藤:私も教育体制は充実していると実感しています。火力部門でも入社年次によって必須の研修や取得を推奨している資格があります。休日や休暇を勉強に充てたりもしますね。会社が指定する資格に合格すると、難易度に応じた合格祝金が支給されるのでそれも良いモチベーションになっています。
森
森:確かに(笑)!
山田
山田:若い層だけが勉強しているのではなく、私たちの親世代の方々も一緒になって資格取得を目指していることに驚きました。年齢にとらわれずに学び続けて知識を磨いている、向上心を持って仕事に取り組む風土にも魅力を感じています。

ワークライフバランスは定着していますか?

村松
村松:普通休暇は年間20日付与され、平均取得日数は2020年度実績で17.8日と、休暇が取りやすい会社ですね。昨年入籍したんですが…
森 山田 加藤
一同:ええっ(驚)。おめでとう!
村松
村松:ありがとう(照)。それまでは彼女と遠距離の状態だったので、週末と合わせて長めに休暇を取って会っていました。家庭を持ち単身赴任をしている社員がゆっくり帰りたいという時なども、気軽に休暇が取れる職場です。
森
森:遊びや旅行、資格取得のための勉強と、スケジュールを立てて長い期間をかけて自分のやりたいことができる環境があることは大きな魅力ですね。今は週1、2回ジムに通って、体を鍛えています。現場勤務になると体力を使うし、緊急時の備えにもなります。
加藤
加藤:私の職場でも休暇取得が推奨されています。自分のライフスタイルに合わせてプランを立てることができ、ドライブやキャンプなどを楽しんだりする一方、私も資格取得の勉強やジム通いで身体づくりをしています。あと今は本店勤務なので自転車通勤ができるのも良いですね。
村松
村松:釣り、キャンプ、スキーが好きな社員は多いですよね。私もキャンプが好きですが、転勤先で各地の環境を楽しむことができています。仕事をする時には全力で取り組み、遊ぶ時はとことん遊ぶ。メリハリを持って仕事に臨めることはとても良いと思います。
加藤
加藤:最近、飯ごうを買ったので、水の量、火加減や時間を研究して、ご飯をおいしく炊くことに夢中です(笑)。
山田
山田:私はインドア派なので、休日は家でお菓子作りに熱中しています。配合を変えて、自分好みの味を見つけていったり、私も研究型ですね(笑)。本当に休みやすい、自分のタイミングで休暇が取りやすい職場です。時間単位の休暇も取れるので、1時間早く帰ったり、仕事の途中で外出したりと、より柔軟な働き方ができています。
村松
村松:勤務時間帯を前後に移動できる時差勤務もありがたいですよね。共働きなので、家事を分担していて、もちろん料理もします。洗濯は最新の洗濯機に買い替え、より効率化を図りました(笑)。将来は家を建てたいと、人生設計も始めています。
山田
山田:家事の分担、いいですね!女性の働き方についても、働き続けられる環境が社内に整えられていると感じています。出産して現場に戻って来られた方もいますし、そうした前例があることはありがたいことですね。自分もそうなりたいですし。転勤も、私は知らない所で暮らすことに興味があるので楽しめます。やはり今はできるだけ現場経験を積みたいです。

学生の皆さんへのメッセージ

森
森:今、会社が変わろうとしていることが、自分たちにもすごく伝わってきています。たとえば、AI技術の活用やDXの推進などがこれまで以上に必要とされていて、情報系分野を学んだ学生が求められています。僕も情報系分野を学んできたので、その一員になりたいと思っていますし、より専門的な知識を持った人に、仲間になってもらいたいです。
加藤
加藤:これからは今までと全く異なるビジネス展開になり、やりたいことに挑戦できるチャンスがあると思います。就職活動の機会に、入社後の長い人生の中で、何がしたいのかを自分自身に問いかけて、やりたいことを考えてみてください。それから、趣味でもなんでも、大学時代に頑張ったことは全て社会人になってから強みや励みになるので、大学生活を大切に過ごしてください。
村松
村松:就職活動そのものや色々な情報収集など、難しく感じていることも多いと思いますが、私からは一点だけ。北海道における電力の安定供給という大きな使命にやりがいを感じていただけるなら、チームの一員となって、私たちと共に成長していきましょう。
山田
山田:就職活動や面接では背伸びをして自分をよく見せようと着飾ってしまうところもあると思いますが、そうではなく素の自分がやりたいことと向き合うべきだと思います。社風やどういう人材を求めているのかをよく研究して、自分の思いと合致しているのかを見極めてください。そうした中で弊社を候補に選んでいただけたらすごく嬉しいです。
人と思い