ほくでんネットワーク

弟子屈ネットワークセンター
配電課

坂下 滉之助

高校卒業[電気系]
2016年入社
  • 志望動機

    就職先を考える上で、在学中に学んだ電気の知識や資格を活かせる仕事に就きたいと考えていました。しかし、将来像が描けておらず、就職先を決め兼ねていました。そんな時、周囲の勧めで弊社の業務について調べているうち、世の中で必要不可欠な電気というインフラを担う企業であり、自分が生まれ育った北海道の企業である弊社に就職したいと考えるようになり、志望しました。

  • 所属部門と仕事内容

    私の所属する配電部門では多岐にわたる業務を行っています。例えば、お客さまが新たに電気を使用する際、地元の電気工事会社から提出して頂いた配線図面を確認し、電柱や電線、計測器など電気の供給に必要な設備工事を手配します。また、これらを継続的に管理・保守し、もしお客さまから停電の連絡や電気設備に関するお申し出があった場合は現地に出向いて対応するなど、配電部門では多岐にわたる業務を行っています。道路脇に施設されている電柱やお客さまの契約を個別に管理しているため、技術的な情報から個人情報まで取扱う情報量が多いのも特徴の一つです。

  • 仕事のやりがいや面白さ、今後の目標

    前述したとおり、私が所属している配電部門では業務の幅が広く、多種多様な経験が積めることに仕事の面白さを感じます。「停電になった」と連絡を受ければ現地のお客さま宅に伺い修理を行い、「電柱が支障となるので移動してほしい」とお申し出を受ければ移設の可否を判断・交渉し、設計して工事を手配します。また、他の企業から「電柱に看板や通信線などの設備をつけたい」とご相談を頂いた場合は打ち合わせを行い検討した上、契約書を作成し、工事完了後に現地確認をして、管理していきます。このように、設備の維持管理からお客さま対応まで経験できる部門は珍しく、自分の行なっている業務の全体像が比較的把握しやすいため、忙しさの中にも仕事に関する達成感と充実感を得やすい部門だと感じています。

  • 思い出に残っているエピソード

    入社1年目に経験した大雨の中での停電復旧作業が印象に残っています。その当時は復旧作業区間の一般車両の誘導しかできませんでしたが、全ての停電が解消するまで自然災害と戦わなければいけない電力設備維持の大変さと、復旧作業へ共に尽力して下さる工事会社の方への感謝の気持ちを同時に感じ、とても印象深い経験となりました。

オフタイム・休日の過ごし方

基本的に家にいることが多く、友人とゲームをしたり、読書や映画鑑賞をして過ごしていますが、ウィンタースポーツが好きなので、冬季はスノーボードやスケートで身体を動かしています。現在、弊社では計画的に業務改善を行っており、常日頃から業務効率化を意識し計画的に業務を進めることで、積極的に休暇を取得しリフレッシュに繋がっています。

※掲載している内容は取材時点のものであり、所属・組織名が現在の名称と異なる場合があります。

私と仕事