ほくでん

北見支社
販売グループ

杉浦 大介

高校卒業[商業系]
2013年入社
  • 志望動機

    私は、小さい頃から『人の役に立つ仕事がしたい』という夢がありました。
    高校卒業後は就職していち早く社会人として自立したいと思っていた私は、生活に欠かせないインフラ事業に携わりたいと思い、中学3年生の時からの夢を叶えるための就職先として弊社への入社を志望しておりました。

  • 所属部門と仕事内容

    私の所属する販売グループでは、お引越しに伴う各種お申込みの受付やお客さまへの最適な料金プランのご提案、省エネ、高効率な電化機器の使用方法などお客さまからの電気全般についてのご相談を承っています。
    その中で、私は主にご家庭や商店など低圧分野における契約の獲得に向けた販売活動を担当しております。
    2016年4月1日の電力小売全面自由化に伴い、ご家庭や商店も含む全てのお客さまが、電力会社や電気料金メニューを自由に選択できるようになりました。他社との競争を勝ち抜くためにも、新たな料金プランや他業種との連携を含めたサービスを提供し、多くのお客さまが弊社を選択いただけるよう日々の業務に励んでおります。

  • 思い出に残っているエピソード

    帯広支店業務部お客さまサービスグループに所属していた際に、初めて受付を担当した高圧太陽光発電所が完成し、連系(発電設備と弊社の設備の接続)開始時に立会できたことがとても印象に残っております。
    高圧の太陽光発電所は受付してから完成まで2年以上経過することもあるため、最初から最後まで自分が担当した案件が、無事に完成した姿を見たときには大きな達成感を感じることができました。
    普段は事務所内で対応する機会が多いのですが、長期に亘った対応の中では、様々な問題や課題に直面することがあり、その度に現場の状況を把握しておくことが必要でした。そのため、私は、お客さまと積極的にコミュニケーションをとり、お客さまの意向を汲み取ることができるように、なるべく現場へ足を運ぶことを今でも心掛けています。

キャリアパス

  • 入社~2年目

    旭川支店契約サービスグループ(現:道北支社販売グループ)

    法人のお客さま対応や住宅電化機器レンタル業務を担当。社会人としての心得は全てこの職場で学びました。

  • 2~4年目

    浜頓別営業所お客さまセンター(現:浜頓別ネットワークセンターお客さまサービス課)

    低圧・高圧受付業務や電化コンサル業務を担当。初めての転勤先で不安がありましたが、地元の方々の優しさに触れ、充実した会社生活を過ごすことができました。

  • 5~8年目

    帯広支店業務部お客さまサービスグループ

    主に太陽光やバイオマス発電受付・管理業務を担当。憧れの先輩の背中を見ながら必死に業務に励んでいました。

  • 9年目~現在

    北見支社販売グループ

    現在の業務に従事。職場の仲間に恵まれ、毎日楽しく仕事をしています。

一日のスケジュール(例)

  • 8:40

    始業

    メールチェック、本日の業務予定を確認。

  • 9:00

    架電対応

    他社でご契約のお客さまへ電話での営業を実施。弊社を選択いただけるよう電話越しでも伝わるような笑顔で対応しています。

  • 12:00

    昼食

    会社の近くにある定食屋さんに通っています。良いことがあった時には街中へ贅沢ランチに出掛けます。

  • 13:00

    訪問対応

    電話にてアポイントが取れたお客さまを訪問し、対応を実施。弊社を選択いただけるようマスク越しでも伝わるような笑顔で対応しています。

  • 16:00

    資料作成

    お客さま一人ひとりに合わせて分かりやすい資料となるように工夫して作成しています。

  • 17:20

    終業

    次の日の予定を確認し帰宅。

オフタイム・休日の過ごし方

私は食べることが大好きなので、休日は美味しいお店を探してグルメ巡りをしています。
現在の勤務地である北見市は人口に対する焼肉店の数が北海道1位であることから『焼肉の街』と呼ばれています。最近は、そんな焼肉の街で、一番のお気に入りの焼肉店を見つけることにハマっております。
転勤といえば、大変とかマイナスなイメージを持つ方も多いと思いますが、転勤する度に、自分の交流の輪が広がり、地元の人しか知らないB級グルメを堪能したり、近くにある隠れた名店を開拓することもできるので、転勤の魅力の1つであると私は感じています。

※掲載している内容は取材時点のものであり、所属・組織名が現在の名称と異なる場合があります。

私と仕事