ほくでん

砂川発電所
発電課

喜多見 祐希

大学院修了[機械系]
2020年入社

新しい発電体制の構築や
近未来のエネルギー社会の力に。

  • 入社動機

    私は地元である北海道の人々の生活を支える仕事がしたいと思い、弊社に入社しました。今日の暮らしにおいて、電力は必要不可欠なエネルギーです。そんな電力の安定供給を担う電力会社で働き、多くの方の平穏な暮らしを守りたいという思いが志望動機です。また、学生時代には環境・エネルギー系の研究室に所属し、燃料電池の研究をしていました。その経験を生かして、環境にやさしい再生可能エネルギーの導入に向けて力になりたいという思いもありました。

  • 同期とのつながり

    同期には高校卒の方から大学院卒の方まで様々な年齢の方がいますが、分け隔てなく仲が良いです。社会人になってから色々と不安はありましたが、気軽に話せる同期がいることでとても救われました。また、研修で久しぶりに一緒になった時に仕事ができるようになっている同期を見て、良い刺激を受けています。

  • 仕事内容、やりがいと面白さ

    私は現在、砂川発電所の運転業務を担当しています。
    普段の業務では主にユニットの起動停止操作、運転状態の監視、発電所内のパトロールを行っています。発電所内の機器は大きいものが多く、それらを自身の操作で動かすことができるので、とても面白い仕事だと感じています。また、運転業務はお客さまへ供給する電気、つまり商品を作る仕事なので、とてもやりがいがあります。北海道の人々が安心して生活できるように、日々責任を持って仕事をしています。

  • 職場の雰囲気や人間関係

    職場の雰囲気について、入社前後で良い意味でギャップがありました。入社前は、インフラ企業なので少し堅いイメージを持っていました。しかし実際に入社してみると、上司も先輩も優しくて面白い方が多く、わからないことがあっても懇切丁寧に教えてくれます。プライベートでも、美味しいご飯を食べに連れて行ってもらったりしています。もちろん責任ある仕事なので緊張感もありますが、メリハリがあって楽しい会社生活を送ることができています。

  • 資格取得について

    入社後、火力発電所の運転業務に関わるボイラー技士、危険物取扱者等の資格を取得しました。勉強は、帰宅後や休日等の仕事の合間に少しずつ参考書を読み、過去問題を解き直すことで覚えていきました。普段の業務に関わる内容を含んでいるので、勉強することで火力発電所の設備の理解に繋がり、仕事に活きていると実感しています。

  • 今後の目標

    将来的には、石狩湾新港発電所の増設や再生可能エネルギーの導入に関する業務に携わり、新しい発電体制の構築に貢献したいと考えています。現在の電力供給は石炭、石油を燃料とする火力発電が主となっていますが、今後北海道のエネルギー構成は大きく変化すると予想されます。弊社でも新たな取り組みやプロジェクトが続々と始まっていますので、積極的にチャレンジし、北海道の皆さまにも環境にも優しいエネルギー社会の実現に貢献したいと考えています。

オフタイム・休日の過ごし方

仕事が終わって帰宅してからは、趣味であるプロ野球等のスポーツ観戦をよくしています。休日はサイクリングやランニングをして体を動かすようにしています。砂川市は自然豊かなので、景色を見ながら走っていると良いリフレッシュになります。マイカーを購入したので、ドライブに行ったりもしています。弊社は休暇の取得も推奨されているので、コロナが収束したら車で道内旅行や札幌ドームでの野球観戦に行きたいと思っています。

学生の皆さんへメッセージ

コロナ禍で、学生の皆さんは例年以上に不安が大きいと思いますが、まずはできるだけ早く就活の準備を始めると良いと思います。早い段階から業界を調べることで、気持ちにゆとりができ、落ち着いて就職活動に取り組むことができます。そして自分の就職活動の軸を大事にしてください。やりたいこと、これまで勉強してきたことが活かせる仕事等、人それぞれ思いがあると思いますが、その軸を大切に自分に合った仕事を探して、悔いのない選択をしてください。就活中は辛いことも多いかと思いますが、決して独りだとは思わずに、周りの友達とも協力し合いながら頑張ってください。応援しています。

※掲載している内容は取材時点のものであり、所属・組織名が現在の名称と異なる場合があります。

私と仕事