ほくでん

土木部
建築センター

齊下 拳聖

大学院修了[建築系]
2019年入社

形に残る幅広い建物に関わり、
電力供給を支える喜びを。

  • 入社動機

    エネルギー分野への関心と、北海道への社会貢献性の高さから弊社を志望しました。学生時代もエネルギー分野を研究テーマとしており、エネルギーの中でも電力は広く人々が利用し、なくては生活が成り立たないほど重要なものであることから、電力会社に関心を持ちました。さらに数ある電力会社の中でも、弊社は私の地元である北海道を拠点として電力供給を行っており、私も供給された電力に支えられて生活をしてきた身です。そのような会社で、社会人として北海道の人々の生活を支えることで大きな社会貢献がしたいと考えたため、入社を決意しました。

  • 仕事内容、やりがいと面白さ

    私が担当している業務は、会社が保有している建物の工事や維持管理を行うことで、「電力供給を支える」仕事です。具体的には、電力供給に必要な発電所や変電所、業務に必要な社屋、社員の生活を支える社宅等の社有建物全般の新築・改修・修繕工事や維持管理を行います。特に工事に関しては、計画・設計・積算・発注・工事監理までを行うため、幅広く建物に関わることができます。建築部門の仕事は直接電力供給に関わるものではありませんが、電力供給を支えるという点で、供給の一端を担うことができるため、大きなやりがいを持って仕事を行っています。また、自身が立てた計画を基に実際に工事を行い、新築工事では内外装の色なども決めることもできるため、自分が関わった証として形に残ることが嬉しいです。

  • 職場の雰囲気や人間関係

    入社年次の低い社員には、業務のサポート役として職場指導員がついています。指導員の先輩は私の成長を考え、優しく、時には厳しく、多くのことを指導してくれます。そのおかげもあり、少しずつではありますが、自身の成長を感じています。また、周囲の先輩方からもアドバイスをいただける機会が多く、非常に働きやすい職場です。仕事の後は先輩方と一緒に夕食に行くなど、オンオフの切り替えもスムーズで、総じてとてもよい職場であると感じています。

  • 入社前と後で感じたこと

    電力会社といえばお堅いというイメージが強くありましたが、実際に働いてみるとアットホームで働きやすい職場であると感じています。また、仕事に関しては、想像以上に自身の采配が大きく、責任のある仕事ができているため、やりがいを感じています。

  • 入社から1年を振り返って

    一番思い出に残っているエピソードは、工事監理者として変電所の新築工事を担当したことです。配属後すぐにこの案件を任されたのですが、初めのうちは右も左も分からない状態で、工事監理の進め方や飛び交う専門用語の理解などに苦慮しました。途中で思うように工事が進められず、設計の変更など苦労した場面もありましたが、先輩方に支えていただきながらも無事に竣工を迎えられたことは、非常に良い経験でした。これまで何もなかった場所に新しく変電所が建ち、その建物が将来その周辺地域の電力供給の拠点になることを考えると、やりがいや達成感はとても大きいものでした。

  • 今後の目標

    早く独り立ちをして、業務を行えるようになりたいです。今は指導員をはじめとした先輩方に助けられてばかりで、自分で判断できないことが多くあります。そのため、周囲に迷惑を掛けてしまうもどかしさを感じ、同時に早く成長したいというモチベーションも上がっています。日々の業務の中で多くを吸収し、早く業務を覚え、独り立ちできるようになりたいです。そしてゆくゆくは、私が後輩に多くのものを伝えられる先輩になりたいと思います。

オフタイム・休日の過ごし方

オフタイムや休日は、友人と食事に出かけたり、家でゆっくり過ごしたり、旅行に行ったりと、自由に過ごしています。最近は車を購入したので、ドライブや温泉に出掛けることが多いです。北海道は自然豊かで観光スポットが多く、夏にはアウトドア、冬にはウインタースポーツもできるので、楽しみがたくさんあります。また、最近では資格の勉強も始めました。土日祝日が休みで、有給休暇も取得しやすい環境にあるため、オフタイムや休日は自由に過ごすことができます。

学生の皆さんへメッセージ

私もそうでしたが、就職活動中は常に不安だと思います。自分ひとりで考え込まずに、時には周囲の友人との情報共有を行い、不安を和らげることも必要です。また、よく言われることですが、就職活動はゴールではなく始まりであると、社会人になって改めて感じます。将来の自分の姿を想像し、しっかりと考えて就職活動を行ってください。私の場合は、何のために働きたいかを考え抜いた結果、人のためになるような仕事ができればやりがいを持って働けるという答えにたどり着きました。その中でも電力会社の社会貢献性の高さに惹かれて、現在に至っています。仕事で辛いこともありますが、そのようなときにこそやりがいを感じられるかどうかが重要になるので、ぜひ考えてほしいです。その結果、一緒に仕事ができるようになれば嬉しく思います。頑張ってください!

※掲載している内容は取材時点のものであり、所属・組織名が現在の名称と異なる場合があります。

私と仕事