ほくでん

泊発電所
制御保修課

市川 晟也

大学院修了[原子力系]
2019年入社

専攻した学びも活かし、
原子力という新たな分野に挑戦。

  • 入社動機

    私は就職する会社を決める際に、生まれ育った北海道に貢献することと、学生時代の専攻である医療分野に関する放射線の知識を活かしたいという2点を重視していました。様々な会社のインターンシップや説明会に参加し、役員や技術系社員、採用担当の方とお会いする中で、自分が理想とする社会人像に近いと感じたのが弊社の先輩社員です。弊社であれば、今までの学んだ知識を活用しながら、原子力という新たな分野に挑戦することができ、自分の思い描く社会人像に近づくことができると思ったのも志望動機のひとつです。

  • 新入社員導入研修について

    入社してから約10日間は新入社員導入研修に参加し、その後約3カ月間部門別研修を受講しました。
    新入社員導入研修では、社会人として留意すべき点や心構えなどを重点的に学習しました。約100名の同期との研修そして共同生活を経て、団結力も向上し、今後社会人として働くモチベーションを高めることができたと思います。
    また、原子力の部門研修では、机上や現場で一から原子力に関する教育を受け、原子力従事者としての知識を身に付けました。覚えるべき知識量が膨大で苦労した時期もありましたが、現在の業務に活用できていることが多くあります。

  • 仕事内容、やりがいと面白さ

    現在は、発電所の機器を遠隔監視・操作するシステムの「点検保守業務」、協力会社への提出書類に関する「カイゼン業務」に携わっています。
    設備の点検保守では、学生時代に学んできたこととは異なる分野の知識が必要になることが多く、苦労している部分もあります。私の担当している設備は発電所が停止している間も稼働している機器であるため、常に緊張感を持って作業を行っており、直接原子力発電所の運営・運転に携われていることがやりがいに繋がっています。
    カイゼン業務では、日常業務のムダや課題等を集約し、カイゼン活動に繋げています。具体的には、協力会社が工事を行う際に提出する書類の必要性について検討しています。検討対象の提出書式は膨大で、管理している課も多岐にわたります。各提出書式の不明点を聞く際に、他課の担当者と接する機会も多く、1年目からさまざまな視点で業務の全体像を掴むことができるため、非常によい経験となっています。まだフォローしていただくことは多いですが、自分で考え出した結果が認められるように試行錯誤しながら業務を行うことに面白さを感じています。

  • 職場の雰囲気や人間関係

    一言で言うと「非常によい」です。上司や先輩は簡単な質問をしても、嫌な顔せず答えてくれますし、私が困っているといつも声を掛けてくれるので、働きやすい職場だと感じます。また、協力会社の方とコミュニケーションを取る機会も多いですが、仕事や作業の不明点を聞いても分かりやすく教えていただけるので、非常によい環境で働くことができています。

  • 入社前と後で感じたこと

    一番に感じたギャップは結果の重さです。学生時代の研究活動は、自分の研究結果がすぐ何かに反映されるものではありませんでした。それに比べて、社会人として出した結果は会社の費用や今後の運営にすぐに反映される可能性があり、責任の重さを感じています。

  • 今後の目標

    現在の目標は、新入社員のよいお手本となれるような指導員となることです。今は教えていただいてばかりですが、いずれは現指導員のように分かりやすく教えられるような人材になりたいと考えています。そのためには、目の前の仕事を理解しながら進めていくことが重要だと思うので、一つひとつ丁寧に仕事をすることを心掛けています。いずれは、担当機器や設備を持ち、より責任を持って仕事をし、頼られる存在になれるように、日々精進していきたいです。

オフタイム・休日の過ごし方

オフタイムは、学生時代から続けているバスケットボールを週1回、会社の体育館や中学校で、先輩や同期、協力会社の方々などと一緒に楽しんでいます。気さくな方が多く、お互いの仕事からプライベートの話まで幅広く話すことができ、平日の楽しみのひとつとなっています。
また、休日は実家のある札幌に帰ってゆっくり過ごしています。泊から札幌までは自然豊かな景観を楽しめる道が多く、車の運転が好きな私にとっては、約1時間半のドライブを楽しみながら帰ることができるため、オンオフの切替できる非常に有意義な時間です。

学生の皆さんへメッセージ

就職活動では、エントリーシートの提出や筆記試験、面接試験など、初めての経験ばかりで不安な気持ちになることもあるかと思います。私もその一人でした。しかし、就職活動を通じて、自分の強みや弱みなど自己分析ができ、現在の業務に活用できていると感じることもあります。就職活動は自分を見つめ直すよい機会です。大変なときもあるかと思いますが、真剣に就職活動に取り組むで必ず活きてくる場面があります。まずは、今後のために自分が将来何をしたいのかを考え、会社を吟味し、もしその結果弊社を選んでいただければ嬉しく思います。ぜひ、一緒に仕事をしましょう。

※掲載している内容は取材時点のものであり、所属・組織名が現在の名称と異なる場合があります。

私と仕事