ほくでん

静内水力センター
発電課

佐藤 和孝

大学院修了[物理系]
2019年入社

専門性を高め、
技術者として大きな変化に飛び込みたい。

  • 入社動機

    地元は山形ですが、大学からはずっと北海道に住んでいます。もともと社会に広く貢献できるような仕事に就きたいと漠然と思っていましたが、学生時代の胆振東部地震の停電の経験が契機となり、普段はあって当たり前に思えた電気の大切さを実感しました。そして電力インフラを通じて人々の生活を支えたいという思いが強くなり、入社を決意しました。
    また、現在電力業界は、一般送配電事業の法的分離や再生可能エネルギーの導入拡大による脱炭素化など、非常に変化が大きい業界です。その変化に飛びこんでみたいと考えたことも志望動機のひとつです。

  • 仕事内容、やりがいと面白さ

    私は現在、水力発電部門に所属しており、水力発電所の保守・点検を担当しています。水力発電所は火力発電所や原子力発電所と比べて発電出力が小さいものの、起動・停止や出力調整を短時間に行うことができるという利点があり、調整用電源として重要な役割を担っています。水力発電に関わる機器の機能や構造を理解するには、電気と機械の双方に関する知識が必要であるため難しいですが、自分が行っている巡視や点検が、北海道の電気の安定供給に役立つことができていると考えるとやりがいを感じます。

  • 職場の雰囲気や人間関係

    年齢が近い先輩が多く、迷っていることがあっても質問や相談をしやすい雰囲気があります。仕事の内容や進め方についてわからないときには、経験豊富な先輩方がわかりやすく丁寧に教えてくれます。また、先輩方は仕事だけでなく気遣いにも優れており、私もそのようになれるよう、努力しようと思っています。

  • 入社から1年を振り返って

    初めて担当することになった工事が一番思い出に残っています。点検の内容や必要な機材、工事の発注のやり方などわからないことだらけで、準備の段階から非常に慌しい毎日だったことを覚えています。工事当日も先輩方にフォローをしてもらいながら、何とかやり遂げられたときには、苦労が大きかった分大きな達成感を感じました。工事を通じて業務の進め方や機器の仕組みを詳しく知ることができ、学ぶことが多かったため、印象に残っています。

  • 今後の目標

    電気や発電機などに関する知識や技術がまだまだ足りないため、たくさん勉強して専門性を高めていきたいです。そして、できることを少しずつ増やしていき、早く先輩方のような一人前の技術者になりたいと考えています。そのための足掛りとして、会社が取得を推奨している資格のひとつである電験三種の合格を目標に日々勉強に励んでいます。また、もともと再生可能エネルギーに興味を持って入社したので、風力発電にも興味があり、将来的に関わっていきたいと考えています。

オフタイム・休日の過ごし方

旅行が好きで、月に1回程度は道外観光に行っていました。今年だけでも仙台、東京、名古屋、大阪などこれまで道外の様々な場所に行きました。その他には、DVDを見たり、近くの温泉に行ったりしてゆっくり過ごすこともあります。また、月に1回程度同期と食事に行くことも楽しみのひとつ。これからは将来に向けた資格取得のために、勉強の時間を増やしていきたいと考えています。

学生の皆さんへメッセージ

就活生のみなさんにはひとつの業界に絞らずに、複数の業界の会社説明会やインターンシップに積極的に参加することをお勧めします。社会人になってからはひとつの分野の専門性を高めることが多いため、他の業界の方の話を聞く機会はほとんどありません。就職活動での経験は社会人になってからは経験できないことばかりです。自分は今、貴重な体験をしているという心持ちで就職活動に取り組むと、結果に一喜一憂することなく前向きになれると思います。

※掲載している内容は取材時点のものであり、所属・組織名が現在の名称と異なる場合があります。

私と仕事