ほくでんネットワーク

滝川ネットワークセンター
お客さまサービス課

長田 祐依

大学卒業[経営系]
2019年入社

新しい建物に電気が灯る姿が、
日々の仕事のやりがいに。

  • 入社動機

    私が弊社を志望した理由は、3点あります。1点目は、大きな使命感のある会社であることです。途絶えてはならない電力の安定供給を担う使命感は、仕事をする上で大きなやりがいに繋がると思いました。2点目は、尊敬できる社員に出会ったことです。私は大学3年生の夏に、弊社のインターンシップに参加しました。社員の方々とお話しする中で、皆さんの仕事に対する情熱があふれていると感じるとともに、その一方で、業務によっては地味に見える仕事にまじめに取り組む姿勢を知ることができ、そんな皆さんと共に働きたいと思いました。3点目は、地元である北海道に根づいている歴史のある会社であることです。生まれ育った北海道で働きたいと思っており、北海道に住んでいる人のために働けるという点で弊社を志望しました。

  • 新入社員導入研修について

    新入社員導入研修では、会社概要や使命、社会人としてのスキルについて学びました。特に印象的だったのは、同期同士で社員役・お客さま役となり、名刺交換や挨拶、電話対応などを実践したことです。社会人の基礎を身に付けることで、配属時にも円滑なコミュニケーションをとることができ、現在の業務にも活きていると感じます。また、研修は約3週間泊り込みで実施されたので、事務系の同期との絆を深めることはもちろん、技術系の同期とも交流することができました。お互いを高め合える同期と出会うことができ、道内の各部署に配属された現在も同期と会い、語り合うなど非常によい関係が続いています。

  • 仕事内容、やりがいと面白さ

    私は、主に低圧のお客さまの電気工事受付(新設、増設、減少、撤去)やシステム登録を行っています。建物の新設のお申し込みを受付し、実際にその建物に電気が灯っている姿を見たときには、自分が一翼を担った仕事によって、新しい建物に電気を灯すことができたと実感でき、日々のやりがいに繋がっています。入社当初はわからないことも多く、不安になる時期もありましたが、自ら学ぶことに加え、先輩から教えてもらうことで徐々に仕事内容を理解することができるようになり、現在では受付業務を行うことに面白さを感じています。

  • 職場の雰囲気や人間関係

    皆さん優しい方ばかりで、温かく接してくれています。新入社員には1人の職場指導員がつき、担当業務はもちろん、会社内の様々なことを教えてくれます。指導員以外の先輩方も積極的に仕事を教えてくれているので、事業所全体で私を育ててくれているように感じます。業務以外でも、昼食時や帰宅時間が重なったときには、滝川でおいしいと有名なお店に連れて行ってもらい、ご飯を一緒に食べることもあります。

  • 入社から1年を振り返って

    停電時のお客様対応が印象に残っています。ご自宅が停電している場合、お客さまは早く電気を点けてほしいと電話で話されます。入社当初は、お客さまの焦りや不安な気持ちに感情移入してしまい、落ち着いた対応ができず、先輩方にフォローしてもらっていました。しかし、電話対応の回数を重ね、お客さまの状況や対応方法について自分の頭の中で整理をできるようになったことにより、落ち着いて対応することができるようになりました。お客さまとの会話の中で停電の原因箇所を特定し、電気が点いた際に「落ち着いて対応してくれてありがとう」という感謝の言葉をいただいたときには、とても嬉しく思ったことを覚えています。

  • 今後の目標

    現在の担当を独り立ちすることです。電気工事の受付業務では電気工事店の方と対応することになりますが、知識不足によりスムーズに受付できないこともあります。そのため、周りの先輩方のように素早く正確に業務を行い、周りからも信頼されるような社員になりたいです。
    また、将来的には広報の仕事に携わりたいと考えています。変革期を迎えている電力業界において、情報発信は非常に大切な役割を担っているので、お客さまが求める情報を素早く発信し、企業価値を高める仕事に挑戦したいです。

オフタイム・休日の過ごし方

オフタイムは、基本的に家でゆっくりとお風呂に入ったり、料理を作ったりとのんびり過ごしています。休日は他部門の新入社員でもある大学時代の友人と買い物に出かけたりしています。また、今住んでいる滝川でもっと楽しもうと、ネットワークセンターの管轄地域をドライブしたりしています。
今年の7月には、同期と富良野岳に登山に行きました。同期は北海道内各地の事業所で働いているので、次はどこで集まろうかと楽しく話しています。

学生の皆さんへメッセージ

私は学生時代に多くのインターンシップや企業説明会に参加しましたが、入社後のギャップを埋めるよい機会であったと思います。また、志望している業界が自分に合っているのか悩むこともありますが、そのようなときは視野を広くし、選択肢を増やすためにも、さまざまな業界を知ることも必要です。就職活動は苦労することやプレッシャーを感じることも多く、非常に大変な時期だと思います。何事にも意欲的に取り組み、自分の目や耳で確かめることで自分が納得のいく就職活動にしてほしいと思います。

※掲載している内容は取材時点のものであり、所属・組織名が現在の名称と異なる場合があります。

私と仕事