ほくでん

人事労務部
人事グループ

梶沼 太郎

大学卒業[経済系]
2013年入社

安心して働ける環境こそが、
業績やお客さまへと繋がる。

  • 入社動機

    自分が生まれ育った北海道に根ざす企業であり、北海道に拠点を置く企業や、暮らす人々がお客さまとなる弊社に魅力を感じ、志望しました。
    電力業界の仕事を知るまでは、「電気は使いたいときに使えて当たり前」だと思っていましたが、就職活動において電力業界のことを調べていくうちに、その当たり前を守るために多くの方々が日夜努力をしているということを知り、私もそうした仕事に携わりたいという思いが強くなりました。
    加えて、私が就職活動を行っている頃は、電力システム改革(発電・小売の全面自由化、送配電部門の法的分離)に関する議論が盛んであったため、電力業界の大きな変化を予感させ、面白そうだと感じたことも理由の一つです。

  • 所属部門と仕事内容

    人事労務部門では、従業員の処遇や給与、福利厚生、安全衛生、教育などに係る業務を行っています。
    直接会社の利益やお客さま満足度の向上に繋がる業務は少ないですが、従業員が安心して働くことができる環境を整備することで、間接的に会社の利益やお客さま満足度の向上に寄与する仕事であると思っています。
    その中でも、私の所属する人事グループは主に従業員の処遇に係る業務全般に携わっており、私の担当業務は人事考課、昇格などです。
    従業員の働きを評価し、処遇に反映する制度である人事考課制度や昇格制度は、特に従業員のモチベーションに影響する部分であるため、より良い制度にする方法を常に模索するとともに、運用面でも不公平な取扱いや誤りがないよう、細心の注意を払って業務にあたっています。

  • 仕事のやりがいや面白さ、今後の目標

    現在担当している業務は、各部門と調整する事項や検討事項が多く大変な部分もありますが、様々な部門の現状や課題を知り、それを人材という面からサポートできることにやりがいや面白さを感じています。
    人事労務に係る制度は、経営環境の変化や社会環境の変化に伴い実態と合わない部分が出てくるため、定期的に検証や見直しを行う必要があります。こうした検証や見直しに携わり、自分の考えを反映する機会があることも自身のモチベーションに繋がっています。
    今後の目標は、全社をあげて取り組む課題に対して、評価制度の面から後押しできるような仕組みを作り上げることです。
    従来の制度や運用を変更する場合には、従業員間の公平性など様々な視点から検討を進める必要があり、容易なことではありませんが、それだけにやりがいを感じています。

  • 思い出に残っているエピソード

    新入社員で配属された浦河営業所で、初めて夜中に停電対応を経験したことが一番思い出に残っています。その頃は社員寮に住んでいましたが、皆が寝静まっているような時間にもかかわらず、停電発生を知らせるメールが届いた後、すぐに先輩たちが出社する姿を見て、電力会社社員としての心構えを学びました。
    このとき学んだことは今も忘れておらず、2018年9月に発生した北海道胆振東部地震の際にも安否確認や非常食の手配、資機材の調達など、能動的に第一線で働く従業員のサポートができたと感じています。

キャリアパス

  • 入社~2年目

    浦河営業所お客さまセンター(現:浦河ネットワークセンターお客さまサービス課)

    1年目は主に一般家庭向けの低圧電気使用申込受付を、2年目は主に企業向けの高圧電気使用申込受付を経験しました。

  • 3~5年目

    泊原子力事務所労務安全課

    営業部門から人事労務部門へと所属が変わり、泊発電所の安全・衛生に係る業務を経験しました。
    弊社社員や、発電所内で工事を行っていただく工事会社の方々が労働災害の被害者とならないよう、各種マニュアル(ルール)の整備や、毎月社内外の管理者を集めて行う労働安全衛生に関わる会議の運営を行いました。

  • 6年目〜

    人事労務部人事グループ

    現在の業務に従事。

一日のスケジュール(例)

  • 8:40

    始業

    メールと本日の予定を確認。

  • 9:00

    資料作成

    定期昇格に係る資料を作成します。
    膨大な人数のリストになるため、誤りがないかチェックするだけでも大変です。

  • 11:00

    他部門との打合せ

    作成した資料をもとに、他部門と定期昇格に係る打合せを行います。

  • 12:00

    ランチ

    友人と外出します。大通には数多くのお店がありますが、いつも同じ店です。

  • 13:00

    グループ内での打合せ

    人事考課制度の見直しについて打合せを行います。

  • 14:00

    資料作成・情報収集

    打合せの結果を基に、説明資料を作成します。
    シンプルで分かりやすい資料作りを心がけています。

  • 17:20

    終業(必要に応じ残業)

オフタイム・休日の過ごし方

帰宅が遅くなると娘が寝てしまうため、終業後は出来るだけ早く家に帰り、娘と遊ぶ(遊んでもらう?)ようにしています。また、職場のメンバーと食事に行くこともあります。
休日も娘中心の生活ですが、最近は遠出が出来るようになったため、ドライブを兼ねて遠くの公園や温泉に行くこともあります。

※掲載している内容は取材時点のものであり、所属・組織名が現在の名称と異なる場合があります。

私と仕事