ほくでん

総合エネルギー事業部
ガス&ソリューショングループ

鎌田 純平

大学院修了[建築系]
2014年入社

社内唯一の「事業部」で、
利益を得られる新規事業を展開。

  • 入社動機

    大学時代に環境やエネルギーに関する内容を学んでいたため、電気やガスなどのエネルギーに携わる仕事がしたいと考えていました。就職活動をしている中で、電気事業は人々の生活や産業を支える上で重要な役割を担っていることがわかり、これまで自分が過ごしてきた北海道に少しでも貢献したいという思いから、弊社を志望しました。
    また、インターンシップに参加し、弊社のさまざまな部門の社員の方と接した際に、社員一人ひとりが使命感と責任感を持って業務にあたっていることに魅力を感じました。社員の姿勢に魅かれたことも、志望動機のひとつです。

  • 所属部門と仕事内容

    総合エネルギー事業部は、エネルギー全般に係わる新たな事業を計画・実行していく部署として、2018年4月に設置されました。具体的には、お客さまの敷地内にエネルギー関連設備を設置し、電気・ガスなどのエネルギー調達や運転・保守、最適なエネルギー管理などのサービスを一括して提供する「エネルギーサービスプロバイダー(ESP)事業」、「道内におけるLNG(液化天然ガス)の販売」、「首都圏における電力販売・電源開発」、「再生可能エネルギー事業」、「海外事業」などを手掛けています。
    その中でも、私はESP事業に携わっており、事業化の検討、お客さまとの契約締結、エネルギー供給設備等の工事発注・運転管理、事業としての収支管理を行っています。

  • 仕事のやりがいや面白さ、今後の目標

    総合エネルギー事業部は、社内で唯一「事業部」という名前が付いている部署です。ある事業の計画を立てて資金を投入し、継続的なサービスの実施によって利益を得ていくことから、一つの会社のような組織とも言えます。企業としての利益を確保するため、仕組みやサービスが事業として成立することを常に意識しながら業務にあたることが求められます。技術的な知識をベースに、どうやったらお客さまに必要とされるサービスを事業化できるかということを考えることが、総合エネルギー事業部の業務に共通する面白さだと思っています。
    職場には技術系部門の方やESP事業のプロジェクト業務などの経験を有する方も多く、さまざまな分野の深い知識に触れることができます。今後は、建物の設備や法令についての知識を深めていくことはもちろんですが、現在は周りの方にアドバイスをしてもらっている事業の進め方やリスク対策などについて、自身で考えて円滑に事業を進められるようになることが目標です。

  • 思い出に残っているエピソード

    2019年の夏から秋にかけて実施した、ある工場での発電機とボイラーの更新工事です。これまで工事に直接関わる機会がなかった私にとって、図面に載っている機器が実際に目の前で出来上がっていく様子はとても新鮮で、強く印象に残っています。
    また、数十人の施工会社の方々が作業し、設置した機器が稼働している姿を見たときには、業務の責任の重さを感じるとともに、お客さまの事業活動にとっていかにエネルギーが重要であるかを肌で感じることができました。

キャリアパス

  • 入社~2年目

    遠軽営業所お客さまセンター(現:遠軽ネットワークセンターお客さまサービス課)

    電気の契約受付や窓口での電気料金の収受業務を担当しました。当時は太陽光発電の導入が盛んであり、電気工事会社や配電の担当者と契約や工事に関して打ち合わせをすることも多くありました。また、隣町の湧別町や佐呂間町は海の幸が豊富なので、オホーツク海で獲れたホタテやカキをたくさん食べました。

  • 3~5年目

    電化ソリューションセンターシステム提案グループ

    電気の需要を増やすため、設計事務所や施工会社を訪問し、建物計画の段階で電化のご提案を行っていました。電気以外にも、ガスや灯油を熱源とする空調、給湯、厨房機器についての知識を深めることができました。

  • 6年目〜

    総合エネルギー事業部ガス&ソリューショングループ

    現在の業務に従事。

一日のスケジュール(例)

  • 8:40

    始業

    メールと本日の予定について確認。
    お客さま敷地内に設置している機器の運転日報もチェックします。

  • 9:00

    グループ内会議

    案件ごとの進捗確認と新たな案件に関する打ち合わせ。様々なアドバイスをもらえる場です。

  • 11:00

    他部署との打ち合わせ

    工事のスケジュール・発注内容について他部門と打ち合わせ。

  • 12:00

    ランチ

    基本的には弁当を持参します。出張したときには、ご当地名物を食べることも楽しみのひとつです。

  • 13:00

    資料作成

    午前中の内容をもとに発注に必要となる仕様書と予算資料を作成。

  • 15:00

    外出

    発電機やボイラーの設置工事の確認やお客さまとの打ち合わせをします。

  • 17:20

    終業(必要に応じ残業)

    早く帰った日には夜ご飯を作ったりします。

オフタイム・休日の過ごし方

休日は家で過ごすことが多く、近所の銭湯によく行きます。朝の早い時間に行くと空いているため、サウナや露天風呂でゆっくり過ごすことができるのでおすすめです。
外出するときには映画や野球観戦に行きます。もともと私も妻も高校野球を観戦するのが好きだったのですが、妻の故郷である秋田県出身の選手が北海道日本ハムファイターズに入団したことをきっかけに、妻がファイターズのファンになり、札幌ドームへ足を運ぶようになりました。セ・パ交流戦では読売ジャイアンツ、広島東洋カープとの試合を見ることができたので、いろいろなチームとの試合観戦を楽しんでいます。

※掲載している内容は取材時点のものであり、所属・組織名が現在の名称と異なる場合があります。

私と仕事