ほくでんネットワーク

旭川支店
電力部送電グループ

平谷 佳大

大学院修了[情報系]
2016年入社

より多くの保守・工事を担い、
確実にステップアップを。

  • 入社動機

    私は、生活基盤に必要不可欠なインフラ事業に携わることで、人々の暮らしを支えたいという思いを抱き就職活動をしていました。その中でも生まれ育った北海道に対して、「安定した電力を供給する」という共通した目標に向かって社員一丸となり仕事に取り組んでいることに魅力を感じ、私もその一員となりたいと思い弊社への入社を希望しました。

  • 所属部門と仕事内容

    私の所属する送電部門は、特別高圧(7,000Vを超える電圧)の電気を発電所から変電所まで送り届ける送電設備の保守・運用・工事を行っています。私は主に送電設備の建替工事を担当しており、設計業務や工事の工程・品質・安全管理などを行っています。設計業務では事務所内での仕事が中心ですが、工事が着工してからは作業工程ごとに品質を検査するために工事現場へ出向いています。また、雷や暴風雪などで送電線の設備故障が発生した際には、故障箇所の探査や復旧作業に出向くこともあります。

  • 仕事のやりがいや面白さ、今後の目標

    生活基盤に必要不可欠な電気を扱っており、電力安定供給の使命を担って働くことに責任を感じています。送電線の多くは山岳地を経由し、厳しい自然環境にさらされているため、雷や暴風雪などの影響により停電が発生することもあります。停電発生時には昼夜を問わず復旧作業に出向きます。作業が終わり無事にお客さまの元へ電気が届けられたときは、大きな達成感があります。また、自分が設計した送電設備が形となり、送電線に無事電気が流れたときにも大きなやりがいを感じることができます。
    今後の目標は、より多くの電力設備の保守・工事などに携わり、様々な知識を身に付けていくことです。そのためにも、一つひとつの仕事に対して真剣に取り組み、確実にステップアップしていきたいです。

  • 思い出に残っているエピソード

    入社2年目のときに担当した鉄塔建替工事が、一番思い出に残っています。工事が進むにつれて鉄塔が組み上がり、電線が張られていく光景は忘れられません。鉄塔建替工事の担当は初めてで、右も左もわからず日々勉強する毎日でしたが、新しい設備に電気が流れ、無事に運用を開始したときの安堵と達成感は、今でも鮮明に覚えています。この工事を通して、様々な経験と大きな自信が得られ、現在の業務にも役立っていると感じています。

キャリアパス

  • 入社~2年目

    北見電力センター送電課(現:北見支店電力部送電グループ)

    巡視、点検、事故対応などの保守業務と設備工事を担当。

  • 3年目~

    旭川支店電力部送電グループ

    現在の業務に従事。

一日のスケジュール(例)

  • 8:40

    始業

    メールと本日の予定を確認します。

  • 9:00

    工事設計

    鉄塔強度などの様々な検討を行い、図面を作成します。

  • 12:00

    ランチ

    普段はお弁当を食べますが、出張中はご当地の美味しい料理を楽しみます。

  • 13:00

    工事管理

    工事現場へ出向き、工事工程毎の品質検査や現場の安全管理を行います。また、施工会社と今後の工程などを打合せます。

  • 17:20

    終業(必要に応じ残業)

オフタイム・休日の過ごし方

オフタイムは、職場の方々と食事に行ったりしています。休日は、大学生時代からの趣味であるサイクリングを楽しんでいます。旭川近郊は観光地も多く、美瑛まで自転車で出かけることもあります。転勤のたびに各地を自転車で回ることができるため非常に楽しく、今後も道内各地でサイクリングをしたいです。また、冬期間はスノーボードに出かけてリフレッシュしています。

※掲載している内容は取材時点のものであり、所属・組織名が現在の名称と異なる場合があります。

私と仕事