ほくでん

経理部
財務グループ

松田 康宏

大学卒業[経済系]
2012年入社

円滑かつ確実な資金の流れを維持し、
企業活動を支える。

  • 入社動機

    就職活動で後悔したくないと思い、自分の中でこれだけは絶対に譲れないものは何かを考えました。それは、「地元の北海道に貢献したい」、「使命感を持って仕事がしたい」という2点でした。これらを軸に就職先を考えた時、生まれ育った北海道のために働くことができ、また、生活に欠かすことの出来ない電気を北海道に安定して供給するという弊社の役割に強い使命感を感じ、弊社に入社したいという思いが強くなりました。

  • 仕事のやりがいや面白さ、今後の目標

    「資金計画」では、発生が見込まれる収入・支出を取りまとめることから、弊社の資金需要を俯瞰して捉えることができます。そのため、部門を越えた幅広い視野が身につくところにやりがいを感じます。
    また、「資金調達」では、金利の動きや市況を踏まえる必要がありますが、社債による調達においては、証券会社から調達時期などについて提案を受け検討を重ねます。経理部門には複数のグループがあり、伝票審査や予算策定など社内対応が主ですが、私が所属する財務グループは、金融機関とのやり取りがあり社外対応が主であるところが特徴的です。
    今後は、財務グループ以外の経理業務も幅広く経験し、知見を広げることが目標です。

  • 所属部門と仕事内容

    設備の新設・増強・更新や燃料の購入など、企業活動においては資金が必要となります。現在所属している経理部財務グループでは、これらの資金需要に支障が生じないよう、資金の円滑な流れを維持する役割を担っています。その中で、現在私が担当している業務は「資金計画(必要資金の算定)」および「資金調達」です。
    「資金計画」では、設備の新設や燃料の購入などに必要な支出額、および電気料金などの収入額の想定をもとに、外部から調達しなくてはならない必要資金を算定します。
    「資金調達」では、算定された必要資金を外部から調達します。調達手段は複数あり、私は社債による調達を担当しています。なお、弊社は社債をはじめ、長期・短期の借入金やCP(コマーシャル・ペーパー)を含めた調達元の多様化を図っており、これらの調達手段の活用によりコスト低減に努めながら確実な資金調達を行っています。

  • 思い出に残っているエピソード

    新入社員の時に、お客さまから契約メニューの見直しについてご相談を受けました。耳が遠く電話が聞こえにくいとおっしゃっていたため、推奨メニューについて資料を作成し、直接ご説明に伺ったところ、後日、手書きでお礼の手紙をいただきました。自分の対応がお客さまの役に立ったことを実感し、思い出に残っています。

キャリアパス

  • 入社~2年目

    稚内営業所お客さまセンター(現:稚内ネットワークセンターお客さまサービス課)

    電気料金の窓口での受け取りや引越しの手続きなどの業務に携わりました。窓口業務のみならず、契約内容や使用量の調査でお客さまの家に訪問することもありました。

  • 3~4年目

    泊原子力事務所総務課

    経理担当として、発電所構内で行われる工事について、承認書の内容審査や工事精算業務に携わりました。また、出張旅費などの各種支払伝票の審査も担当しました。

  • 5年目〜

    経理部財務グループ

    現在の業務に従事。

一日のスケジュール(例)

  • 8:40

    始業

    新聞などで金利や市況を把握。
    メールチェック。

  • 9:00

    資料作成・情報収集

    必要資金を想定し資金計画の策定資料を作成。

  • 11:00

    証券会社との打合せ

    社債の発行時期などについて提案を受けます。

  • 12:00

    昼休み

    社屋地下の食堂で食事。近くの飲食店に食べに出かけることもあります。

  • 13:00

    打ち合わせ

    資金計画について関係者と打ち合わせ。想定根拠が変わり、計画を練り直すことも。

  • 16:00

    証券会社との打合せ

    複数の証券会社から社債発行の提案を受け、検討を重ねます。

  • 17:20

    終業(必要に応じ残業)

オフタイム・休日の過ごし方

オフタイムに先輩方と食事に行くこともあり、北海道の美味しい料理を堪能します。
休日は映画やスポーツ観戦を楽しんだり、北海道は観光名所も多いので旅行にも行きます。もちろんグルメも欠かさず、美味しいお店を探して食べ歩きすることも楽しみの一つです。

※掲載している内容は取材時点のものであり、所属・組織名が現在の名称と異なる場合があります。

先輩社員