ほくでん

泊発電所
制御保修課

松本 竜輝

大学院修了[原子力系]
2017年入社

設備の健全な維持と、
確実に機能することを保ち続ける。

  • 入社動機

    中学生のときに東野圭吾氏作の「天空の蜂」という、研究用の原子力施設を舞台にした小説を読んで原子力に興味を持ちました。
    私が大学に入学した年に東日本大震災が起き、原子力に対する社会の見る目が更に厳しくなりましたが、将来は原子力技術者になろうと決めて大学に進学したので、その気持ちは変わらず、原子力工学を学びました。
    当初は、重工系のメーカーへの就職も考えていましたが、東日本大震災を目の当たりにした経験から、学んだことを実際の現場で活かせる仕事がしてみたかったことと、生まれ育った北海道に貢献したいという気持ちがあったことから、最終的に弊社への入社を決めました。

  • 所属部門と仕事内容

    泊発電所の制御保修課に所属しています。制御保修課では、その名の通り発電所の制御設備(計器、制御盤、制御弁など)の保修に関する仕事をしています。
    具体的には、点検計画の検討・策定や、点検・工事予算の作成などの机上業務のほか、現場での設備巡視や点検記録の確認、作業における品質管理が主な仕事です。
    仕事のなかで一番気をつけていることは、点検中も発電所の安全性を確実に維持することと、労働災害を防止することです。設備点検時にはその設備の機能を一時的に停止するため、発電所の安全性に影響を及ぼさないようにします。また、設備の点検時は、時に高温高圧の箇所を切り離して作業することもあり、労働災害を防止するための準備が必要不可欠です。こうした検討は制御回路図面や機器の構造図を見て行うため、私の机上には常に図面が置かれています。
    現場では、実際に作業を行っている多くの協力会社の方々とともに、点検データの確認や、立会いにおいて複数の目で各機器を確認します。これにより設備が健全に維持され、その設備が確実に機能することを、確かなものとしています。

  • 仕事のやりがいや面白さ、今後の目標

    原子力発電所には非常に多くの制御設備があります。その全てについて、信頼性・安全性の観点から重要度を決定し、重要度に応じた頻度や内容で点検を実施しています。制御設備には、例えば圧力や水位を測る計器、流量を調節する制御弁や発電所の頭脳に当たる計算機など、多様な設備があり、それら全てに対応ができるように様々な知識が要求されます。当然、私も初めて点検する機器などはわからないことが多いのですが、周りの先輩社員や協力会社の方々に教えてもらい、自分のできる仕事が広がっていく感覚がやりがいにつながっています。今後は、自分の「できる」領域をどんどん増やしていき、それを現場に活かし、後輩に伝えていくことで、周りに喜ばれる存在になりたいと考えています。

  • 思い出に残っているエピソード

    9月の胆振東部地震の際の対応が一番記憶に残っています。地震発生に伴い緊急で出社し、北海道全域の停電により起動した非常用発電機の状況や、他の発電所設備の停電の影響を確認するために所員総出で現場巡視を行いました。
    また、地震当日の対応とともに、電力の安定供給のため発電所内の電力使用量を削減すべく、当初計画していた点検工程を見直し、関係各所との調整を行いました。普段とは違う状況のなかでの業務でしたが、問題解決のために、関係者一丸となって対応した経験は今後の糧になると感じています。

キャリアパス

  • 入社~

    泊発電所 制御保修課

    1年目は先輩の補助として制御弁設備の点検を担当。
    2年目より現在の業務に従事。

一日のスケジュール(例)

  • 8:40

    始業

    メールと本日の予定を確認します。

  • 9:00

    設備の部品購入検討

    次回の点検に使う部品の型式を構造図などから調査し、発注するために必要な書類などの準備をします。また、設備メーカーと部品の購入に関し打ち合わせをすることもあります。

  • 10:00

    現場

    現場にて点検記録の確認や立会検査を実施。
    協力会社の方との雑談の中で、過去の点検時の出来事や気づきなどを教えていただくことも多いです。

  • 12:00

    休憩

    所内の社員食堂か、売店を利用しています。お弁当を持参する人もいます。昼食後はリラックスしたり勉強したりと、様々な過ごし方の人がいます。

  • 13:00

    点検の準備

    制御回路の図面などを用いて、点検時の措置を検討します。場合によっては1日中図面とにらめっこしている日もあります。

  • 16:00

    協力会社の方々との打ち合わせ

    次回点検の工程や、作業で発生する設備の操作、切り離しの措置などを協力会社の方々と相談します。

  • 17:20

    終業(必要に応じ残業)

    方針書の作成など、手をつけられなかった仕事がある場合は残業します。約束のある日はスパッと定時で帰り、近くの町に繰り出します。

オフタイム・休日の過ごし方

学生のころから車が趣味だったので、以前は休日によく大学のガレージに行っていましたが、最近は専ら家に引きこもって勉強しています。
原子力発電所の運転のためには、相当に高度な知識を要求される資格がいくつかあり、その取得のために日夜勉強に励んでいます。仕事をしながらの勉強は大変ですが、ともに資格取得を目指す先輩や、同期と励ましあい、教えあいながら一緒にモチベーションをあげて頑張っています。また、資格取得のための教育を受講させてもらえるなど、会社のサポートも充実しています。

※掲載している内容は取材時点のものであり、所属・組織名が現在の名称と異なる場合があります。

先輩社員