ほくでん

石狩湾新港発電所
環境技術課

小野 紗祐里

大学卒業[化学系]
2015年入社

柔軟な発想力で、
さらに効率的でより良い方法を探究中。

  • 入社動機

    私は本州の大学に通っていましたが、地元である北海道で働きたいということと、大学で専攻した化学を活かしたいという思いがありました。様々な企業を見ていく中で、弊社はこのいずれの条件も満たしていると感じ、入社を志望しました。
    また、弊社のインターンシップに参加し、職場の雰囲気や仕事内容がイメージできていたということも理由のひとつです。私が就職活動をしていたときには、電力の小売全面自由化や発送電分離など電力業界を取り巻く環境は大きく変わる時代に差し掛かっていましたが、そのような変革期の中で電気の仕事に携わりたいと考えました。

  • 所属部門と仕事内容

    主要設備であるタービンを駆動させるための蒸気の元となる給水、発電所で使用した排水の水質管理や排出ガスの濃度管理などを担当しています。発電所では、周辺の環境保全を目的に、排水や排出ガスに関わる協定を地元の自治体と締結しています。発電所の安定運転を継続しつつ、協定を遵守するための排水や排出ガスについての処理設備の運用・管理を行っています。
    また、発電所の運転が海域へ及ぼす影響や、騒音や振動など周辺環境への影響など、環境アセスメントに関する調査も行っています。

  • 仕事のやりがいや面白さ、今後の目標

    石狩湾新港発電所は、弊社初のLNG(液化天然ガス)の火力発電所で、2019年2月に営業運転を開始しました。初めて扱う設備や燃料であるため、運用・保守に苦慮する部分も多いですが、既設の石炭および重油火力発電所の知見を活かし、さらに効率的でより良い運用について検討を行います。持ち前の発想力を発揮し、仕事を進めていくことができるということが現在の業務の面白さであると感じています。
    また、発電所の安定運転のため、何か不具合が発生したときは、発電所員全員が一丸となってひとつの問題の解決に取り組みます。そのとき、自分も微力ながら発電所の運転に携わっているのだということが実感でき、仕事のモチベーションに繋がっています。今後も商品としての電気をお客さまへ安定してお届けするため、目の前の仕事を一つ一つ確実に取り組んでいきます。

  • 思い出に残っているエピソード

    2018年9月の胆振東部地震において、私は震源地にほど近い苫東厚真火力発電所で勤務しており、地震発生からしばらくは発電所の復旧に向けて所員全員が昼夜問わず勤務していました。発電所が停止したことでお客さまに多大なご迷惑をお掛けしましたが、SNS等のコメントで、お客さまからお礼の言葉や弊社社員を労う内容のメッセージをいただき、所員のモチベーションに繋がったとともに、改めてライフラインを扱う仕事に対する責任の重大さを実感しました。

キャリアパス

  • 入社~1年目

    苫東厚真発電所発電課(運転グループ)

    発電設備の運転を行う職場で3交代勤務を行い、運転操作の基礎について学びました。補修作業に応じてバルブの操作やポンプなどの補機の起動・停止をしたり、現場パトロールで異常の兆候がないかを確認したりと、発電所の中枢を担う重要な職場です。

  • 2~4年目

    苫東厚真発電所環境技術課

    様々な用途で使用する水の水質管理および燃料を燃焼させた際に生じる排出ガスの濃度管理などを担当しました。水質管理の代表例として、ボイラ管内部へのスケール※付着抑制のため、ボイラ水への薬剤の注入により水質調整を行っていました。苫東厚真発電所は道内最大規模の火力発電所ということもあり、水処理に関わる設備が多く、仕事を覚えることに苦慮しました。
    ※スケール:水中に含まれる硬度成分(カルシウム、マグネシウム)が難溶性物質として熱交換部に析出するもの。

  • 5年目~

    石狩湾新港発電所環境技術課

    現在の業務に従事。

一日のスケジュール(例)

  • 8:40

    始業

    メールと本日の予定を確認します。

  • 9:00

    日報処理、分析結果の確認

    前日の発電所の運転状況を確認し、異常の兆候がないかを確認します。
    委託先から提出された水質分析結果も随時確認します。

  • 11:00

    検討資料作成

    環境関連の設備について、データやエビデンスをもとに検討資料を作成します。

  • 12:00

    ランチ

    弁当を持参することが多いですが、発電所内の食堂を利用することもあります。

  • 13:00

    現場立会い

    海水の性状分析を行うため、海水のサンプリングと水温などのデータ採取を行います。作業を行う際は、安全第一を心掛けています。

  • 15:00

    打ち合わせ

    環境関連の設備について不具合が発生したため、メーカーへ対策についての情報収集を行います。

  • 17:20

    終業(必要に応じ残業)

    近郊の体育館で、バレーボールを楽しんでいます。

オフタイム・休日の過ごし方

昔から体を動かすことが大好きで、水泳・ドッジボール・バレーボールなどいろいろなスポーツをしてきました。現在はミックスバレーボールチームに所属し、週に数日、近郊の体育館を利用してバレーボールを楽しんでいます。根っからの攻撃型タイプで、ポジションはウィングスパイカーです。
休日は、旅行をしたり、ドライブに行ったりすることが多いです。フットワークが軽いので、北海道内に限らず、目的によってさまざまな地域を訪れています。福岡県、大分県、広島県、群馬県、香港を1年のうちに訪れました。

※掲載している内容は取材時点のものであり、所属・組織名が現在の名称と異なる場合があります。

先輩社員